ニュース

淀川花火大会

2015/08/13

平成元年に「十三どんとこい祭」として誕生し、「平成淀川花火大会」として愛されてきた花火大会ですが、この度名称を「なにわ淀川花火大会」と改め開催されます。この花火大会は、水都大阪を流れる淀川とわが街をこよなく愛する地元ボランティアスタッフが手がけるという「手作りの花火大会」で、周辺企業・団体・商店など地域住民の方々のご寄付が大きく支える花火大会です。花火の最先端技術を駆使して100分の1秒で打ち上がる「花火の追いかけ合い」や、8号玉10発一斉打ちで始まる「音楽シンクロ花火」、淀川に半円上に開く花火や、大玉の連続打上、キャラクター花火など、見どころ満点です。淀川と梅田の高層ビル群を背景に、約2万発の迫力ある花火が大阪の夜空を彩ります。